みなさん、こんにちは!
介護事業強化の税理士法人わかばです。

昨日は幕張メッセで開催されている「第1回医療と介護の総合展東京」に行ってきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも特に、介護&看護EXPOと地域包括ケアEXPOを重点的に見て回ってきたのですが、
どれもこれも気になるものばかりで、とても時間が足りませんでした。
いつかはロボットスーツの体験をしたいと思っていたのですが、
今回も実現せず・・・。

 

特に気になったのは「人材不足対策ゾーン」です。
こちらには介護技能実習生の受け入れに関わるサービスがたくさんあり、
改めて、介護人材の不足はどの事業所でも起こっていて、
解決するために外国人が必要な時代になったんだな、と感じました。

 

また、セミナー会場で行われていた「第8回介護甲子園セミファイナル」も観戦してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

介護甲子園とは
「介護から日本を元気にしたいという思いを持つ全国の同志により開催される、
介護業界に働く人が最高に輝ける場を提供するイベント」です。(介護甲子園HPより)

私が観戦したのは、何千ものエントリーの中から選ばれたベスト30事業所の中の、
在宅部門(第1ブロック)の5つの事業所のプレゼンです。
どの事業所もそれぞれの個性と、介護に対する想いや利用者様への想いを
とてもわかりやすく伝えていて、
最後に投票をする機会があったのですが、本当に悩みました。
みなさんの熱い想いに感動して、
もしかしたらファイナルを観戦したら泣いてしまうかもしれない・・・とも思いました。

それではまた!
介護事業強化の税理士法人わかばでした。